初心者録画鯖日記(2)

IPアドレスを固定してSSHとsudoができるように設定

 

IPアドレスを固定する

以後はSSHで操作したいのでIPアドレスを固定しました.

  
root@debian:~# vim /etc/network/interfaces

以下の

iface eth0 inet dhcp

の部分を

#iface eth0 inet dhcp
iface eth0 inet static
        address 192.168.1.30
        netmask 255.255.255.0
        gateway 192.168.1.1

に書き直した.

再起動した後にifconfigで動くことを確認した.

SSH

debianのインストール時にsshをインストールしていたので

  
root@debian:~# service sshd status

で動いていることを確認.

次に許可する公開鍵を加える.

  
root@debian:~# exit
tkym@debian:~$ mkdir .ssh
tkym@debian:~$ cat id_rsa.pub(加えたい鍵) >> ./.ssh/authorized_keys

以後の操作はサーバーからモニタを外してsshでしました.

sudoの導入

ubuntuユーザーなのでsudoがないと落ち着かない. apt-get install でsudoをインストールした後にsudoersを編集します.visudoというsudoersを編集する用のコマンドが存在するのでそれを使いました.

# User privilege specification
root    ALL=(ALL:ALL) ALL

の部分の最後に

# User privilege specification
root    ALL=(ALL:ALL) ALL
tkym    ALL=(ALL:ALL) ALL

を加えた.文法がおかしいところがあるとこのように教えてくれる

  
root@debian:/etc# visudo
>>> /etc/sudoers: syntax error near line 22 <<<
What now?
Options are:
  (e)dit sudoers file again
  e(x)it without saving changes to sudoers file
  (Q)uit and save changes to sudoers file (DANGER!)

これでtkymは実質rootと同じ操作をできるようになった(はず)

次からPT3関係のセットアップをしていきたい.